2008年08月15日

写真を撮るセイバー


 墓場まで持っていけるものと、持っていけないもの。それらの意味の違いは、見た目の違いほど明確ではない。

2008年08月15日

アシュリーとフィオナ


 アシュリーはゲーム中、トイレもシャワーもない場所に着の身着のまま何日も監禁されていたことになっているので、かなりきっつい体臭を放っているであろうことが確実視されている。足の臭いもヤバいを通り越してグロいくらいになっているだろう。ゲーム画像を見ると素足にレザーのチャップスを履いている風体だが、この組み合わせは納豆メーカーと呼称して差し支えないくらいに危険な装備だ。生存本能に長けたレオンはアシュリーを庇いつつも、背後から漂うおっぱいのペラペラソースを上回る危機感に怯えていることだろう。

 一方フィオナは、あの変態だらけの魔窟で散々揉まれただけに、その守備範囲の広さは折り紙付きと思われる。痛いのから臭いのから苦いのから恥ずかしいのまで様々なプレイに順応できることだろう。なので実質的にはリードしているのはフィオナのほうで、満足を得やすいのもフィオナのほうだろう。竹中直人も棒を突っ込んでいる場合ではない。

2008年08月15日

ツァスタバ


 ツァスタバが好きだ。ツァスタバという語感が好きだ。ヴァギナという語がヴァによって生命を与えられているように、ツァスタバもまたツァによって銃器の製造許可を与えられている。ヴァギナがバギナだったら稲中でネタにされただろうか?されやしなかっただろう。同様に、ツァスタバがザスタバだったら私はマスターFLGなど描かなかっただろう。イジェマッシチェスカー・ゾブロヨフカなど、魅力的な語感の代わりはいくらでもいるのだ。

2008年08月14日

ビスケ


 以前某所にアップしようとしたもののボツにした絵を修正。もう5年も前かーとか思うと老け込むので考えないようにする。ちなみにケンタッキーのビスケは一度も食べたことがない。どんな味がするのか想像しながら描く。きっとサクサクでふわふわでトロトロであまあまなカーネルおじさんの味がするのだろう。メープルシロップの香ばしい甘味の中から猛然と湧き出す加齢臭。ビスケももう若くない。

2008年08月14日

いきなり尻見せ


 パンツを半分だけ降ろし、股布の部分だけが股間に張り付いたままになる瞬間というものがあるだろう。俗に言うドリーム・タイム(DT)だ。しかしパンツが性器を隠すためのものであるならば、パンツにとってDTとはダイイング・タイムに他ならない。終わりの風景の向こうにある夢を、私たちは死にゆく者を媒介にして胸に描く。抜作先生が私たちに見せていたのは、尻だけではない。

2008年08月14日

サイトを作る

 まったく、クソが溶けるほど暑い日々が続いている。
 こんなm.c.A.T.に耳許でボンバヘッと囁かれ続けているような暑さの中で一体何をすればいいというのか。 墓参りはしたし海はワカメ臭いしプールは脂肪で溢れている。自転車はペダルが盗まれたままだし、そもそも私の懐には電車に乗ってどこか遊楽な地へ出掛けられるようなカネは溜っていないのである。

 ならばもう、ウェブサイトを作るしかないではないか。幸い電気は止まっていないし、滞納していた電話代も払ったばかりだ。パソコンのOSはMacOS9.2というランバダと同じくらい忘れられたOSだが、驚く無かれ、きちんと文字を打つことができるのだ。文字が打てればサイトは作れる。Dreamweaver?GoLive?ホームページビルダー?ブルジョアに鉄槌を!即物主義者に遺失物収容所の檻を!貯蓄報国!捲土重来をタブレットに誓え!と、m.c.A.T.に耳許で囁かれるようにして私はミミカキエディットを開くのであった。m.c.A.T.ファンの皆様、ごめんなさい。
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES