2011年05月04日

ミディアムボブミク


 初音ミクの優れている点は、初音ミクですと言ってしまえば何であっても初音ミクになるところだ。例えばキン肉マンの絵を描いたとして、それの額に肉の字がなかったらそれがどんなにそれらしくてもキン肉マンにはならない。一方初音ミクは、ツインテールとか緑とか歌を歌ってるとかいった特徴が一つでも含まれていれば、それらに反する要素を含んでいてさえも初音ミクになる。

 という理由からボブにしたわけではなく、ただ単にボブが好きだからに過ぎない。毛先重めの処理が主流になったこの昨今、ボブの戦闘力は否応にも高まっておりちょっとした宇宙の53万くらいには達する勢いである。重めのボブのもったりした毛先を手のひらで掬って髪の毛の弾力や重みを感じている時など並の界王拳が目を背けて通り過ぎるほどの倍率であることに相違なく、髪の中から耳の先が見え隠れしている様を見ている時などいつ私の特異点から銀河が誕生してもおかしくない遠心力にギュンギュンしっぱなしだ。しかし流行りが繰り返すものである以上、いつまたあのカリスマ美容師がちやほやされていた頃のようにエアリーエアリー連呼する時代が来ないとも限らない。過ちを繰り返してはならない。何かと移ろいやすい女子の髪を繋ぎ止めておく方法は唯一つ、目の前の髪を愛でることだけである。

 などというキモ臭い話はさておきこの絵においてのマスターは女性ということにしてある。女性の部屋というのは多かれ少なかれ女子感を感じさせるものだが、以前ある女性の部屋に行ったところ、女子感がまるでなくて驚いたことがある。一着だけ壁に掛かっていた女物の服がなかったら女性の部屋だとは思えなかっただろう。

 人間の内面と部屋の内装には一定の関係がある。ではその女性の性格は女性的ではなかったのだろうか?そんなわけがない。その関係性は記述の単純さほど単純ではない。汚部屋に住むきれい好きもいれば、オーディオの一切ない部屋に住むミュージシャンもいる。汚部屋もオーディオがないこともその部屋の主の内面と無関係であるはずがないが、服装や男の趣味から性格を決めつけるような間抜けな帰納と同じ落とし穴がそこにはある。本丸を攻める前に外堀はきっちり埋めておくべきだし、それでも天守閣だと思って押し入った所が厠である可能性を決してゼロにできないことを心に留めておくべきだ。

2011年05月04日

The Psychonomy Of The Puella Magi


 「CONTROL 犯罪心理捜査」(http://www.fujitv.co.jp/control/index.html)のポスターを電車の中で見たので。
 「虚偽」を描いている時の自分のノリノリ具合に軽く引いた。こういう絵は不細工な男を描く場合などと同じでどのように描いても正解なので悩む必要がない。ともかくまどかマギカも無事放映終了したが、予定通りの終わり方で特に感想もないけれど、マミさんの扱いはもうちょっと良くても良かったんじゃないかとは思う。

2011年05月04日

もやしガールズ


<R-18>

 もやしもんの単行本を買う時の惰性で買ってる感はすさまじいなぁと思ってはみたが、自分が買い続けている漫画を改めて振り返ってみるとその大半が惰性で買っているだけなことに気付いて萎えてしまった。しかしさらに改めてみると、雑誌を毎号買って追いかけてたのはスラムダンクとレベルEだけだったし、連載開始当初こそ熱中していたものの途中から読まなくなったバガボンドとかのだめとかよつばととかのほうが多いわけで、そう考えると連載が終わった作品を全巻セットで買うのが一番効率的で、且つその作品を真っ当に捉えられる買い方なのかもしれない。今挙げた3作品も、全巻セットで一気読みすれば感じ方も変わってくるだろう。もやしもんについては、まあ、あまり変わらないと思う。今新刊を楽しみにしてるのはカペタとバキとシドニアの騎士くらいだが、バキ以外は連載終了後にこの件について試してみたい。

2011年02月24日

ブラクラマミさん


 魔法少女まどか★マギカのマミさんです!と言わざるを得ない。
 ブラックラグーンネタとはいえマミさんは西部劇よりはビートルズを引用するだろう。それにしても「マミさんのおっぱいマミマミ」というフレーズを考えた天才には頭が下がる。このフレーズに触れなかったらこのアニメを見ることもなかっただろう。

2010年12月04日

無限の住人の燎と拷問装置「剣豪」


<R-18>

 無限の住人も不死力解明編が終わり25巻で尸良がとても良い死に方で退場し、いよいよ最終章ということで26巻は楽しみにしていたのだけど、果心居士の死に方は残念だった。果心居士は連載開始当初からの古株だが、そういう息の長いキャラがぽっと出(とは言っても数年前から出てるけど)の新参に殺されるのは腑に落ちない。しかもその新参が、どうにも後付け臭いうえに血縁補正付きの優等生キャラとあっては尚更だ。なのでこういう絵を描いてはみたわけだが、実際に燎が作中でどのように死ぬのか、ブラッドハーレーの馬車で見せた作者の悪趣味ぶりに期待したいところだ(父を守って犠牲になるとかいった最悪な死に方だったらこれより酷い絵を描いてしまうだろう。という以前に父を差し置いて燎だけ生き残るなんてオチはありませんよね?)。

 などということを書いているといかにもSAWとかキャッキャ言って観てるクチだろうと思われがちだが、私は別にサドでもマゾでもないし殺人趣味もないしグロフェチでもなく、むしろそういった趣向はあまり好きではない。SAWは3までは観たが単に悪趣味なだけでスリルもサスペンスもないし上っ面の説教ぶりが鼻につくので以降観ていない。SMやスカトロもののAVは持ってはいるが、あくまで興味本位な資料として入手したもので、そういったものを観ても勃起しない。そういう趣味を持っているなら、この絵もこんな生易しい描写で済ませたりはしなかっただろう。などということを書いているといかにも両価性だの無意識だのといった用語を持ち出されがちだが、全くフロイト先生も余計なことをしてくれたものだ。

 それにしても、無限の住人の絵をpixivで検索したら想像を遥かに下回る下火っぷりなうえに腐向けばかりでしょんぼりしてしまった。もっともこの漫画ももう15年選手だし、大半のイラスト投稿コミュニティがそうなるようにpixivもファンロード化していることだし、ユーザー層を考えればそれも当然と言えば当然と言える。沙村広明は連載開始当時(今もか)その絵と描き文字の巧みさと鉛筆を使った画法で漫画界に大きな影響を与えた…はずなんだけど、どういうわけかフォロワーがまるで育っていない。もし沙村広明が漫画を描くのをやめてしまったら、少なくともバックアップをとっていないHDDが逝くのと同じくらいには胸が痛むだろう。


 ついでに、見たままではあるが、この装置について。

... 続きを読む " 無限の住人の燎と拷問装置「剣豪」 "

2010年10月13日

まうまう


 宮藤のまうまうが想像以上にまうまうしかったので

2010年09月17日

エーリカ・ハルトマンの三分の一の感情


<R-18>

 「こうすれば似てないかな?…似てないか。……なにやってんだあたし…」

 サーニャにはどうしたいんだい?なんて言ったけど、本当は自分だってどうしたいのかわからず風呂上がりに鏡の前で柄にもないことをして困惑するハルトマン中尉16歳。16歳!?なんかロリ担当というイメージがあったせいで年齢設定を忘れていた。どう見てもX歳くらいにしか見えなくなってしまったが、まあよい。こういう体型の16歳も世にはいるだろうし、問題はあるまい。

 エーリカは作中では特に何かに執着したりコンプレックスを持っていたりという描写がないので掴み所がないというか消化しにくいキャラだったのだが、こっそりと宮藤に対してコンプレックスを抱いたりしているとかなり俺得な感じになるのではないかと思い立った。傍若無人なように見えて実際はかなり気ー遣いしぃなエーリカなので、天真爛漫でナチュラルに人に好かれる宮藤にはお姉ちゃんとの関係も含め複雑な思いがあるのではなかろうか。

 ちなみに陰毛を描かなかったのはエーリカには無毛のほうがしっくりくるため。基本的には私は陰毛描きたいよ派だが、ないほうがいい場合もある。どこぞでエーリカの陰毛の色や濃さなど呟かれたりでもすれば話は別だが…。

2010年08月31日

事後処理について


<R-18>

 雑菌の繁殖を抑え回復を促すために、使い終わったらすぐに清掃しましょう。唾液と舌による清拭は滅菌と回復の両面において効果的です。もとよりあまり汚さないように心掛けることが肝要ですが、自分がつけた汚れは自分で始末するのがマナーです。パートナーが清掃後のキスを嫌がる場合は、無理矢理してしまいましょう。長い関係を望むのであれば、味や臭いに慣れておくに越したことはありません。

 男の娘同士って素敵やん?と思って描いてたら上記のようなちんこアップのフェラ絵ができあがってしまった。百合カップルに巨乳×貧乳が多いように、男の娘カップルも巨根×貧根が多いような気がするのは気のせいだろうか。まあよい。個人的には男の娘の場合竿よりも玉のサイズのほうが重要に思えるのだが、それはまた別の話。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES