• 《 previous entry
  • next entry 》
2010年12月04日

無限の住人の燎と拷問装置「剣豪」


<R-18>

 無限の住人も不死力解明編が終わり25巻で尸良がとても良い死に方で退場し、いよいよ最終章ということで26巻は楽しみにしていたのだけど、果心居士の死に方は残念だった。果心居士は連載開始当初からの古株だが、そういう息の長いキャラがぽっと出(とは言っても数年前から出てるけど)の新参に殺されるのは腑に落ちない。しかもその新参が、どうにも後付け臭いうえに血縁補正付きの優等生キャラとあっては尚更だ。なのでこういう絵を描いてはみたわけだが、実際に燎が作中でどのように死ぬのか、ブラッドハーレーの馬車で見せた作者の悪趣味ぶりに期待したいところだ(父を守って犠牲になるとかいった最悪な死に方だったらこれより酷い絵を描いてしまうだろう。という以前に父を差し置いて燎だけ生き残るなんてオチはありませんよね?)。

 などということを書いているといかにもSAWとかキャッキャ言って観てるクチだろうと思われがちだが、私は別にサドでもマゾでもないし殺人趣味もないしグロフェチでもなく、むしろそういった趣向はあまり好きではない。SAWは3までは観たが単に悪趣味なだけでスリルもサスペンスもないし上っ面の説教ぶりが鼻につくので以降観ていない。SMやスカトロもののAVは持ってはいるが、あくまで興味本位な資料として入手したもので、そういったものを観ても勃起しない。そういう趣味を持っているなら、この絵もこんな生易しい描写で済ませたりはしなかっただろう。などということを書いているといかにも両価性だの無意識だのといった用語を持ち出されがちだが、全くフロイト先生も余計なことをしてくれたものだ。

 それにしても、無限の住人の絵をpixivで検索したら想像を遥かに下回る下火っぷりなうえに腐向けばかりでしょんぼりしてしまった。もっともこの漫画ももう15年選手だし、大半のイラスト投稿コミュニティがそうなるようにpixivもファンロード化していることだし、ユーザー層を考えればそれも当然と言えば当然と言える。沙村広明は連載開始当時(今もか)その絵と描き文字の巧みさと鉛筆を使った画法で漫画界に大きな影響を与えた…はずなんだけど、どういうわけかフォロワーがまるで育っていない。もし沙村広明が漫画を描くのをやめてしまったら、少なくともバックアップをとっていないHDDが逝くのと同じくらいには胸が痛むだろう。


 ついでに、見たままではあるが、この装置について。

 上から下がっている管は上階の厠に繋がっており、排泄された尿が垂れ落ちてくる。尿は囚人の体表若しくは体内を通って45度程度の斜度のついた座面を伝い、刀に吊された桶に溜まる。刀は桶に溜まった尿(と血)の重みと支点の作用により上方に動き、囚人の腹を縦に切り裂いていく。囚人を設置した初期状態では、刀の切っ先は桶の重さで上がってしまわないよう囚人の下腹部に浅く挿入される。刀は全く手入れされておらず錆び付いており刃も潰されているので、空の桶の重さだけでは腹は切れない。そのため囚人は、垂れ落ちてくる尿を口で受け止め飲み続ければ、体内に尿を溜めている間は腹は裂かれない。あるいは尿は飲まず、刀の刺さりが浅い内に桶を尿で満たし刀を上げてしまえば傷は浅く済む。しかし尿を飲まないようにするには上体を動かさねばならないが、上体は耳と上腕に繋がれた細い糸でかろうじて背面の柱に固定されているだけであり、あまり動き過ぎるとすぐに糸は切れてしまう。糸が切れれば上体は支えを失い前方に倒れ、刀が深く体内に刺さってしまう。

 以上のことと、5日間耐えれば解放することを約束し、拷問が開始される。囚人の多くは尿を飲まない方法を選ぶが、糸と皮膚の強度を過信し、大抵はそれらのどちらかがちぎれてしまう。飲む方法を選んだ場合も、5日間身動きせず尿を飲み排泄を堪え続けるのは困難であり、大抵は脚の力を失うか放尿してしまう。当然ながら、5日間耐えきっても解放はされない。

 座面は取り外しが可能になっているが、これは囚人の設置を容易にするためではなく、執行の途中で座面を外し、看守が後ろから囚人を犯すためのもの。これを行うと、刀が体に深く刺さるうえにその状態で乱暴に犯されるため、囚人は絶命する。一方看守は、囚人が絶命する際の筋肉の強い収縮と痙攣を愉しむことができる。刀の刺さり具合や動かし方によって、中にはすぐに絶命しない囚人もいたが、そのような場合は陰茎に小刀を糸で巻き付けて挿入するという嗜虐的な手段が好んで用いられた。

コメントをつける

  • ・名前、URLは空欄で投稿できます。
  • ・名前欄が空欄の場合、投稿者名は「匿名」になります。
  • ・改行は自動的に改行タグに変換されます。
  • ・htmlタグは使えません。
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES