2009年03月30日

ジルとケルベロス


 ゲームオーバー寸前のジルさん。
 バイオ1のケルベロスは強い、というか嫌だったなぁ…。奴に何度喰われたか知らん。ケルベロスはゾンビと比した時のスピード的コントラストと殺した後の動物愛護的罪悪感から(ゾンビを殺しても罪悪感を感じないのはなぜなのだろう)バイオのモンスターとして欠かせないキャラクターだが、バイオ5でもやはり健在なのだろうか。もしミニチュアダックスとかパピヨンのゾンビが出てきたら攻撃できる自信がない。ちなみにバイオではゲーム上の都合からケルベロスは雑魚扱いだが、実際に犬に襲われたら武装していても人間に為す術はないであろうことは漫画「マスターキートン」などでも描かれている通りかと思う。

2009年03月20日

いきなり玉見せ


<R-18 玉注意>

 確かドンキの電池売り場を物色している時だったと思うが、いきなり尻見せがあるならいきなり玉見せもあるのではないか、という天啓に打たれた。思いついたらすぐに実行するのが俺よ、というわけでできあがったのがこの絵である。玉という、男子からも女子からもぞんざいに扱われがちな日陰者に陽を当ててやることも時には必要であろう。

 私は別段玉に思い入れはないが、無ければ無いで困るし、かと言ってあったから何がどうなるというものでもない。そのサイズによって自尊心が得られるならばもう少し扱いも良くなるのだろうが、今のところ玉が大きいのが好きだと言う女子は聞かないし、特別でかくてもペチペチ当たって鬱陶しいだけだろう。そのくせ外傷には異常に弱く、玉攻撃は大抵の格闘技で禁忌とされている。この絵を描いている時にもさんざん思ったが、精子の保存器官としてもっと賢い形態はなかったのだろうか。もしこの世を神様が造ったのだとしたら、そいつは造形センスが無さすぎる。数学や宇宙物理学に傾倒している人々がこの世界の合理性を賛美するのを聞くことがままあるが、彼らは金玉のことをどう思っているのだろうか。

2009年03月02日

初音ミク嘘PV「じゃあ、それで」嘘コンテ


 なんかコンテとか描きたくなったので描いたのだけど、描いている時はまさかあんなことになろうとは露程も思わず、合掌するのみ。

 どうでもいいことだが、私が最も好きなPVは電気グルーヴのノモビデオである。この作品に収録されているPVは、「ピエール瀧の体操30歳」を筆頭にどれも美しいまでにバカだが、しかし最も優れているのはメニュー画面である。そのBGMに延々流されているのは、剣道の試合会場の音をそのまま録音しただけのものである。この音が素晴らしい。素晴らしく真剣で、且つバカである。そのバカさとは勿論剣道をしている人々に向けたものではなく、剣道の試合の音をファミコン風に意匠された画面に合わせ、それをPVのメニューのバックグラウンドに選択した電気グルーヴのセンスに向けたものである。このセンスは映画「パルプ・フィクション」で八百長の裏取引のシーンにアル・グリーンの「Let's Stay Together」を合わせたタランティーノにも通じるものがある。両者とも優れたミックスセンスの持ち主だが、やはり美を生む人々はバカばかりだ。自分も斯くありたいとは思うが、バカは自ずからバカなのであり、意識してそうなるものではない。ガラス箱に入ったバナナを見つめる猿のように、ただ黙って自分のバカさと向き合うほかないのだろう。

 因みにコンテのフォーマットと書き方はこちら↓を参考にさせて頂きました。
 http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/info/ed_dance.html

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES